処方箋が必要な医薬用まつげ育毛剤でも、ネットの個人輸入代行業者を利用すれば通販で購入することが出来ます。

  • ホーム
  • まつげの長さに個人差がある理由

まつげの長さに個人差がある理由

きれいな目を持っている女性

まず、まつげは目の周囲に発育した体毛の一種で哺乳類全般にあります。
日本人の平均的なまつげの長さは6mmから9mmといわれています。
まつげの主な役割としては目にゴミや埃が入らないように保護し眼球へのキズや目の病気を防ぎます。
まつげの長さに個人差がある理由としては、第一に遺伝的なものがあります。
人種間での差は大きく、日本人と比べると欧米人のほうがまつげが長いです。
では人種間ではなく同じ日本人の間でもまつげの長さに個人差があるのかというと、それはまつげが生え変わるサイクルにあります。
毛が生え変わるサイクルのことを毛周期といい、大きく分けて4つの段階に分類することができます。
成長初期・成長後期・退行期・休止期と分けますが、このうちまつ毛が伸びる時期が2番目の成長後期となります。
退行期には成長が止まり休止期にまつげが生え変わります。
この毛周期には同調性がないため、それぞれのまつげが独立に成長を繰り返し、それによってまつげは常に一定の数と長さを保つことができます。
まつげの毛周期は早い人で30日、遅い人でも100日と髪の毛などと比べるとそのサイクルは早いと言えます。
つまりこの毛周期が短い人ほどまつ毛は短く、毛周期が長い人ほどまつげは長くなるという傾向があります。

人気記事一覧